【月1万円を節約する方法】 登山費用を捻出しよう

投稿日:  更新日:


節約 方法

登山はお金がかからなそうで、けっこうお金使いませんか?そして、お金がかかってしまうけど辞められないですよね。

そこで本記事では、登山を楽しむために、私が実際にしている月1万円の節約方法をご紹介したいと思います。

たったの1万円と思われるかもしれませんが、1年では12万円の節約です!

上手に節約して、たくさん山で遊びましょう!

格安SIMで月6,000円節約

節約 方法 格安SIM

私は2年ほど前から、スマートフォンはiPhoneで「mineo」という格安SIMを利用しています。

mineoに変えてから、スマホの月額料金は6,000円ほど安くなりました!

以前はauのiPhoneを利用していて、月額は8,000円ほど。それが、mineoに変えたら月額が2,000円ほどになりました。

mineoを選んだ理由

私はauのiPhoneを利用していて、iPhoneは使い続けたかったので、たくさんある格安SIMの中からmineoを選びました。

大手キャリアのiPhoneは、そのキャリアでしか使えないようにSIMロックというものがかかっているので、格安SIMへ変更する場合は、新たに自分でスマートフォンを買わなければならなくなるんです。

iPhoneは7万円以上しますので、月額料金が安くなるとはいえ、初期投資に7万円かかるとなると腰が引けてしまいます。

しかし、mineoの場合は、au、ドコモ、ソフトバンクと大手キャリアのSIMロックがかかっているiPhoneもそのまま利用できるので、新たに自分でスマートフォンを購入する必要がありません!

格安SIM mineoへ変更する方法

スマホのキャリア変更は、手続きがとても面倒というイメージがあり、安くなるとわかってはいても面倒でそのままにしてしまうかとは思いますが、

たった一度の手続きで、毎月6,000円、1年で72,000円もの節約になるので、重たい腰はすぐにあげて手続きしてしまうことをおすすめします。

72,000円あれば、ネパールへの往復航空券が買えますから♪

 

変更するには、webで完結する方法と、店舗で手続きの2パターンありますが、私は色々と自信がなかったので、店舗で手続きしました。

au側への確認も店舗のスタッフさんがやってくれたので、特になんの問題もなくスムーズに手続きは完了です。

SIM交換も、その場でやってくれましたので、その日からmineoに切り替わりました。

 

見た目は全く変わりません。

これまで使っていたiPhoneで、これまで通りネットに繋げるし、同じ電話番号で電話もできます。

手続きにかかった時間は30分くらい。SIM交換には1時間くらい待ちました。なので、合計で2時間くらい。

注意点

大手キャリアの2年縛り、解約手数料が気になると思いますので、事前にその計算はしておいた方がいいです。私は、解約手数料を払っても、mineoへ変更した方が結局は安くなったため、すぐに変更手続きをしました。

mineoの使い心地

mineoを利用して2年たちましたが、auを使っていた時と比べて、特に変わったことはありませんでした。

ただただ月額6,000円安くなっただけ!

なぜ今まで月額8,000円もとられていたんだろうか!!と、軽く怒りを覚えてしまうくらいです。

データ量は6GBプランを契約しています。毎日1時間くらいネットを利用して、ちょうど月末に使いきる感じです。

登山中に使える範囲は、auを使っていた頃と特に変化は感じませんでした。南アルプス北岳では、山頂や稜線では使えました。

\ 格安SIMで節約 /

格安SIMの注意点

電話を多用する場合は、格安SIMだと逆に割高になるかと思うので注意が必要です。

私は電話は基本的に使わないのですが、どうしても電話しなければならない時は、電話料金が半額になるアプリ「楽天でんわ」を使って電話をかけています。

友達や家族間であれば、スカイプ・バイバーなどのSNSについている音声通話機能で十分ですが(LINE通話は途切れるので使ってません)、企業への問い合わせは電話じゃないとかけられないので、しかたなく。

通話料金は10円/30秒。mineoの通話料金は20円/30秒なので、半額で通話できます。

初期費用・月額費用は無料なので、使わない理由は何もありません!

現金を使わないで月3,000円節約

毎月の公共料金から、毎日のコンビニやスーパーでの支払いも、一切現金を使わないで支払うと、意外にポイントが貯まり、楽に節約できます!

私は全てを楽天カードに集約していて、コンビニやスーパーは楽天カードに付けているEdyで支払うので、家賃と税金以外の全ての支払いに対して、楽天ポイントが貰えています。

楽天カード

楽天カードのポイント還元率は1%。年会費・入会金は無料。

10,000円の買い物をすると、100ポイント(100円相当)が貰えます。

そして、楽天は常に何かしらのポイントアップキャンペーンを実施しているので、実質は1%以上の還元率となっていて、

私は毎月2,000〜3,000ポイントが貰えています。

現金を使わないだけで、毎月2,000円〜3,000円が貰えちゃうなんて、凄いですよね♪

年間では40,000円くらいの節約になります!

このお金で、ネパールのカトマンズからルクラへの往復航空券が買えます!

 

ついでに、現金を使わなくなると大きな財布が不要になるので、財布代がかからなくなり、さらなる節約になります。

財布って、高級ブランドの何万円もするやつを買いませんか?

毎日持ち歩くし、毎日何度も手に取るものだし、そこでテンション下がりたくないという思いから、私は何万円もする高級ブランドの物を使っていました。

でも、もうそこに収納するお金が不要になったので、この何万円もする財布もいらなくなり、今は2,000円ほどのモンベルのトレールワレットという超小型な財布というよりもカードケースに近い物を使っています。

節約 方法

2年に1度くらいの頻度で何万円もする財布を買い換えていたのが不要になったので、毎年数万円は節約できています!

 

ということで、現金を使わなくなっただけで、1年で60,000円ほどの節約です!

うまく探せば、ネパールへの往復航空券が買えてしまう金額です!

\ 今なら5000ポイント還元! /

映画はAmazonPrimeを

私はテレビは見ないのですが、時々映画は見たい派なので、以前はHuluを契約していました。

月額1,000円なので、特に高いとも思っていなかったのですが、AmazonPrime会員でも映画が見れることを知ってからは、即Huluを解約しました。

AmazonPrime会員費は年4,000円ほど。月額にすると約330円。

圧倒的に安いし、しかも、Amazonで注文したものが早く届くというメリットも付いている。

もともとAmazonPrimeは映画目的以外で利用していたので、Huluを解約しただけで、月1,000円の節約。年では12,000円の節約です!

 

ただし、AmazonPrimeで見れる映画には、日本のドラマがほとんどないので、日本のドラマが好きな方は物足りなく感じるかと思います。

登山の映画はだいたい見れますよ♪

>>関連記事:山岳映画おすすめ12選【邦画・洋画】登山歴10年の筆者が推薦!

番外編:ふるさと納税

これは一時的に多くの支払いをすることになるので、すぐに節約とはなりませんが、結果的に節約になるので絶対にやっておいた方がお得!

どこかの地方自治体へ寄付をすると、お礼の品がもらえ、その寄付した金額は全額、翌年の住民税から差し引かれます。

例えば

例えば、こちら↓ 15,000円を寄付すると24缶ビールが貰えます。

ここで15,000円払うことに一瞬躊躇してしまいそうですが、この15,000円は翌年に必ず住民税として納めなければならないお金。

そして、住民税として納めれば何ももらえませんが、こうして前払い(?)しておくとビールが24缶もらえます。

寄付の方法はとっても簡単

私は、楽天ふるさと納税のページから寄付しています。

普通に楽天市場で購入するのと同じ要領で、欲しい商品を探して、ポチるだけ!

もはや寄付をしているという感覚はなく、普通に買い物しているという感覚。

※寄付後、サラリーマンの場合はワンストップ申請の書類を送る必要があるのですが、これもとても簡単。基本は受け身でいて大丈夫なのですが、注意点は後述します。

ふるさと納税の注意点

寄付金の上限

この寄付金は、年収によって上限があるので、上限を超えないようにご注意ください。上限を簡単に確認できるシュミレーターが、楽天ふるさと納税のページにあるので便利です。

ふるさと納税上限額チェックツール

手数料

手数料は1年で2,000円。どれだけ多くの自治体へ多くの金額を寄付しても、一律2,000円です。

たとえば

50,000円の寄付をしてビールを70缶もらった場合、手数料2,000円を支払い、 翌年の住民税から50,000円が免除されるので、結果として、2,000円でビールを70缶買えたということになります。

ワンストップ申請

寄付をするボタンをクリックする前に、ワンストップ申請書類が必要かどうかチェックする箇所があるので、自分で確定申告などしない方は、必ずもらうようにチェックをお忘れなく!

このワンストップ申請の書類は、返礼品と同封か別送で届きます。

書類には名前や住所などはだいたい自治体の方で記載してくださっているので、必要な箇所にチェックをするだけのことがほとんど。

そして、免許証かマイナンバーカードのコピーを添えて返送しておけば、手続きは完了です。

これ以外には特に何もしなくても、翌年の住民税から寄付した金額分が差し引かれます。

このワンストップ申請が利用できるのは、5つの自治体までなのでご注意ください。

翌年、安くなった住民税を見て、ニヤニヤしちゃいます♪

楽天ふるさと納税が簡単でお得

楽天ふるさと納税だと、楽天市場で購入するのと同じ要領で寄付できるので、簡単でおすすめです。

さらに、この寄付金にも楽天ポイントが貰えてしまうし、ポイントで寄付もできてしまうのが嬉しいポイント。

ポイントアップキャンペーンの時に寄付をするのが一番お得です。

たとえば

50,000円の寄付をしてビールを70缶もらった場合、最低でも1%分の500円相当のポイントが貰えます。これを、ポイントアップキャンペーンで7倍になっている日に寄付をすると、7%分、3,500円分のポイントが貰えます

\ ふるさと納税で節約 /

楽に節約をしてたくさん山で遊ぼう

スマートフォンを格安SIMへ変更 月6,000円の節約
現金を使わない 月3,000円の節約
動画サイトをAmazonPrimeだけにする 月1,000円の節約
合計 月10,000円の節約

1年では12万円の節約です! 高級財布を買わないことを考慮すると、1年で14万円の節約に! ふるさと納税をするとさらに節約!

そして、この方法は、最初に設定だけしてしまえば、あとは特に何もする必要がなく、全然我慢をしなくていい方法なので、もし実践していないものがありましたら、ぜひ今すぐに実践されることをおすすめします。

14万円あれば、ネパールトレッキングへ行けます♪

楽に節約して、たくさん山で遊びましょう!

 


-->
人気カテゴリー

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です