【ネパールのトレッキング】持ち物リスト(機内持込可)

投稿日:  更新日:


ネパールでトレッキングへ行った時の持ち物をまとめてみました!

これまで6回ほど行ってきた中で、厳選してきたアイテムばかり。そして飛行機での移動時に、機内持込できるサイズに収まるよう厳選したものだけになります。

ネパールのトレッキング 持ち物リスト

年末年始と5月の、標高2500m〜5000mまでのトレッキング時に使ったものリストです。これらの持ち物は全て40Lのバックパックに収まります。

国際線飛行機の機内持ち込みにするには、ちょっとオーバーしてしまうので、シュラフと軽アイゼンだけ現地レンタルにすると持ち込みできました。また、服と登山靴は身につけて搭乗してます。
関連記事:【機内持込可】海外トレッキングに使ったモンベル キトラパック40のレビュー

服装

登山にヒートテックはNGと言われていますが、標高が高くなり気温が低い場所では私はヒートテックがしっくりきます。また、かなり乾燥しているので大丈夫なのかもしれません。

標高が低い場所は汗を書くので、登山メーカーの速乾シャツを着ています。

トレッキング用アイテム

クールグローブ
ヘッドライト
座布団
手の日焼け止め用
USB充電が可能!450ルーメンと明るい。
どこでも休憩できる

飲み水は、ペットボトルのミネラルウォーターが販売されているエリアもありますが、煮沸した水しか手に入らないエリアもあるので、ナルゲンボトルがあると安心です。夜はとても寒いので、ナルゲンボトルにお湯を入れてもらい湯たんぽとしても利用できるので、ぜひ1つ持参されることをおすすめします。

そして、「ナルゲン」というブランドのを必ずご購入ください。他のメーカーのだと、お湯の温度に耐えられなかったり、キャップが甘くて漏れてしまう可能性が高いです。

関連記事:【登山道具】ナルゲンボトルとモンベルのクリアボトルの比較

また、ネパールでトレッキングポールを購入する場合は、粗悪品にご注意ください。すぐに壊れるものがあり、とても困りました。

寝る時

  • シュラフ(厳冬期用)

シュラフはネパールでレンタルできます。カトマンズでレンタルすると、1日100円くらい。日本製のものよりは重たいのをあてがわれます・・・ メラピーク登山時は、BCで日本製と変わらない性能のシュラフをレンタルさせてもらえ感動しました。

ガジェット

モバイルソーラーパネルは、電源が確保できないエリアのみ。エベレスト街道やアンナプルナのトレッキングエリアでは、有料ですが充電させてもらえるので、ソーラーパネルは無くても大丈夫でした。

関連記事:長期登山にsuaokiソーラーパネルで電源確保!【レビュー】

現地購入がおすすめな薬

  • ダイアモックス
  • 下痢止め

ダイアモックスは、カトマンズで買うと10錠100円くらいでした。

下痢止めは日本の薬では効かないのでカトマンズであらかじめ購入がおすすめです。150円ほどでした。トレッキング中にお腹壊してしまったら悲惨なことになるので、トレッキング前に予め購入されることを強くおすすめします。

タメル地区の薬局はこちらにあります

関連記事:高山病予防の薬ダイアモックスの使用感レビューと価格・入手方法

洗面

現地で購入

トイレットペーパー

トレッキングルートにあるロッジではどこでも1ロールで買えます。嵩張るので無くなったら都度購入がおすすめ。

食べ物

サプリは、食欲低下で免疫力を落とさないためにあった方がいいと思います。
酵素ミドリムシサプリは、自然の素材で作られたサプリで、栄養素が驚くほど凝縮されているので、私はかなり気に入っています。栄養面が素晴らしいのと、毎朝必ず快腸でいられるのもお気に入りのポイントです。

その他

ロッジの壁はとても薄く、隣の人のイビキなどまる聞こえなので、繊細な方は耳栓が必須だと思います。
ミネラルウォーターか煮沸した水が販売されていますが、浄水器や除菌剤があると、いざという時に安心!
サーモスはトレッキングだけなら不要だと思います。ロッジでのお湯やお茶はポットで注文できます。

カード

クレジットカードは、現地のATMでのキャッシング時や、カードに無料付帯する海外旅行保険がとても便利!たまに利用できないATMがあったり、無くしてしまった時用に何枚か持っていた方が安心です。
ネパールのATMでは、ネットバンクのカードでキャッシングができないことが多く、三井住友VISAカードはだいたいどこでもキャッシングできました。
関連記事:【無料】海外旅行・トレッキングの保険が0円になるクレジットカード3枚

アプリ

オフラインでも使える下記のアプリは、トレッキング時の強い味方!ぜひ、事前にスマホに入れておくことをおすすめします。

Maps.me

オフラインでも利用できるGPSアプリ。現在地の確認にとってもおすすめです!

トレッキング用の道、ロッジの場所まで掲載されています。事前に地図をインストールしておけば、オフラインでも現在地がわかるため、ガイドなしで歩く場合は特に重宝します。紙の地図と合わせて使うといいかと思います。

Kindle版 地球の歩き方

紙よりもKindleアプリに入れておいた方が断然軽くて便利!私は、トレッキング中に読みたい本は全てスマホのキンドルアプリに入れています。10冊以上入れてますが重さはゼロなので最高です。

電源確保のためにモバイルバッテリーソーラーパネルを持ち歩きますが、紙の本の重量と比べると全然軽くなります。

オフライン翻訳アプリ

英語に自信のない方は、オフラインでも使える翻訳アプリを入れておくとかなり安心。アプリによって、オフラインでは翻訳されない言葉もあるので、2つ以上入れておくと安心!

まとめ

以上、ネパールのトレッキング時に必要な持ち物をご紹介しました。ご紹介しましたが、忘れ物をしてしまってもレンタルできますし、お金さえあればほぼ大丈夫ですw

それでは、楽しい山旅を!


-->
人気カテゴリー

  1. 泉 恵孝(いずみ しげたか) より:

    こんにちは、島根いずみと(71歳)申します。
    10月にエベレスト街道歩く予定で、サイト参考にしてます。
    教えて頂きたいのは街道上の「吸血虫・蚊・ブヨ・南京虫など」についてです。
    日中刺されたり、夜具の中にいたりしますか? 体質的にひどく虫に好かれるのでとても気になります。どのサイトにもこの件なくて。
    急ぎませんのでよろしくお願いします。

    • hiton より:

      島根いずみ さん

      ブログを読んでいただきコメントをありがとうございます!

      私も日本ではよく虫に刺される方なのですが、ネパールのトレッキング中に虫に刺されたことはありませんでし、虫が気になることもありませんでした。
      他のトレッキング客の方からも、虫で苦労した話は聞いたことがないので、おそらく大丈夫かと思います。

      夜具については、現地でレンタルした寝袋を使用し、特に問題を感じたことはありませんでしたが、ロッジに備え付けの枕にうっかり直接寝てしまった時は、皮膚が痒くなりました。
      ロッジ備え付けの寝具は、あまり清潔ではなさそうなので、シーツカバーや寝袋を持参されると安心かと思います。

      またなにか質問があればお気軽にご連絡ください^^

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です