【2020年】Trip.comでベトジェットエアを予約する時は手荷物に注意

投稿日:


trip.com ベトジェットエア 受託手荷物の予約

先日、Trip.com経由でベトジェットエアの航空券を予約しました!

いつものことなのですが、チケット購入の時には、トランジットの時間と価格ばかりに気を取られて、手荷物などオプションについてはノーチェック。

購入完了してから、そういえば手荷物!とチェックして慌てふためきます。

私は基本的には機内持込み派なので、だいたいの航空会社では機内持込みできる大きさ・重さの荷物しか持っていかないのですが、時々厳しいLCCがあり持込できないことがあります。

そして今回、ベトジェットエアの手荷物は調べてみるとけっこう厳しくて、私は規則に従うと持ち込みできません・・・

そこで本記事では、ベトジェットエアの機内持込み手荷物の制限についてと、航空券購入後に追加で受託手荷物を申込む方法をご紹介したいと思います。

ベトジェットエアの機内持込み手荷物の制限は厳しい

ベトジェットエアのホームページを確認すると、下記のように記載されています。

ベトジェットエア機内持込手荷物の制限

お客様1人(2歳未満の幼児を除く)に対して1個の機内持ち込み手荷物と1個の*小さな手荷物のみ持ち込め、その総重量は7kgsまでです。
-寸法は56cm×36cm×23 cm以下
-*小さな手荷物
・30cm×20cm×10 cmを超えない寸法の女性用ハンドバッグまたは本、雑誌、カメラ、子供用食品キット、免税品など。
・ラップトップバッグは40cm×30cm×10cmを上限
ベトジェットエアHPより)

厳しいところは、小さな手荷物も合わせて7kgまでというところ。

他のLCCでは大抵、小さな手荷物やラップトップ以外の荷物の重さが7kgまでというところが多いのですが、ベトジェットエアはラップトップバッグも合わせて7kgまでです!

ベトジェットエア 機内持込手荷物 制限

私の荷物はPCだけで2kgあり、バックパックは1.25kg。残り3.5kgの枠ではもうどう頑張っても収まりきらないので、諦めて受託手荷物を申し込みました。

受託手荷物の予約方法

受託手荷物は、航空券購入後でもホームページから申込むことが可能です。

でもなぜか、購入できません・・・

Trip.comで購入していたので、Trip.comから送られてきたメールにある航空会社予約番号と名前を、ベトジェットエアのホームページのログイン画面に入力してログインしようとするも、エラーとなりログインできません。

仕方ないので、お問い合わせ先のメールアドレスにメールしてみました。

自動返信には24時間年中無休で対応しております と書いてありましたが、数日待っても返信なし。

仕方ないので、今度は電話しました。電話は日本の窓口があったので、日本語対応でホッとしました。

かなり流暢な日本語だったので日本人の方だったとは思うのですが、対応の仕方は外国人という印象で、色々質問があるのになかなか話させてくれず大変でした。

受託手荷物は15kg以内で2600円。クレジット払い。ホームページから申し込みできたら、もっと安いので、ログインできなかったことを訴えてみたら、

「Trip.com経由でチケットを購入した場合は、システム上ログインできません」

ということでした。

ベトジェットエアのホームページから直接チケットを購入した場合は、ホームページで受託手荷物や座席指定、機内食の申し込みができるとのこと。

そちらのシステム不具合のせいで、なぜ私は高いお金を払わなきゃならないのか、若干納得できない気持ちもありましたが、元々のチケットが激安だったので、まあ、いっか! と申し込みました。

会社が違うとシステム連携できないみたいで(?)、電話対応してくれた人には必死にそのことを強調されました。

なんか、私が購入したチケットは普段眺めていた価格よりもびっくりするほど激安だったので、そして数日後にはいつもの価格に戻ってもいたので、もしかしてシステム不具合で間違えて安くなってしまってたものを私は運良くゲットしてしまったのかもしれない と思えてきました・・・

まとめ

以上、ベトジェットエアの機内持込手荷物の厳しい制限と、Trip.com経由でチケット購入した時の盲点をご紹介しました。

当日、受託手荷物を受付カウンターで申込むととても高額な支払いとなってしまいますので、くれぐれもチケット購入の際にはご注意ください。