【口コミ】ミニマリズムが追及されたモンベルの財布トレールワレット

投稿日:  更新日:


モンベル トレールワレット ミニマリズム

日本はなかなかキャッシュレス社会にならないと言われていましたが、最近はすっかりキャッシュレスライフになりました。

そこで、大きくて重たい財布を断捨離したら、手ぶら通勤が可能になり、とても快適!

手ぶらで外出なんて、考えてみれば子供の時以来。外を歩くときには、必ず左腕にバッグがあったことに驚愕しています。

両手が空いているって、こんなに自由を感じるんだ! とびっくりしました。

お気に入りのバッグを持ち歩くのは、ファッションの一部として嬉しかったのですが、なんか、バッグが手錠のような存在だったんじゃないかと思えてくるほど。

それほどの解放感を感じます。

財布は断捨離しましたが、カード類数枚と万が一の時のためにお札は持ち歩いているので、それをコンパクトに収める財布を新たにモンベルで購入しました。

このモンベルの財布、トレールワレットがとても優秀なので、今日はこのトレールワレットの使用感をシェアいたします。

トレールワレットを買うことになったきっかけ

冒頭の通り、最近すっかり現金を使うことがなくなり、支払いはすべて、Edy付帯の楽天カード一枚で済ませるようになりました。

なので、財布に入っているものの中で毎日使うものは、楽天カード一枚だけ。

このカード一枚を持ち歩くために使っていた財布は、あまりにも過剰な大きさ重たさではないか!!!と、ふと気づき、もちろん、気に入ったデザインの財布は、お会計のたびに手にしてテンション上がっていたのですが、もう現金を使わなくなった今となってはただの荷物。思い切って断捨離しました。

でも、カード数枚と万が一のためにお札は持ち歩きたかったので、ミニマムな財布を探したどり着いたのが、モンベルのトレールワレットです。

 

登山界でのミニマムスタイル・ウルトラライトな道具といえば、四角大輔さん。彼がどんな財布を使っているか調べると、バタフライウォレット が紹介されていました。

デザイン、コンパクトさ、どちらもいいな!と思ったのですが、海外製品のため15ドルほどの商品がamazonJAPANでは4200円。倍以上の値段になっています。

この不当な値段に納得がいかなかったのと、形状を見る限り、カードが気づかないうちにスルっと落ちてしまいそうで不安がありました。

1700円ほどで、カード落下防止のゴムが付属した商品も販売されていたので、やっぱりカード落下の心配はありそう。

いくらウルトラライトでも、大切なものを守ってくれない道具ならいらないなー・・・ と購入は却下。

カード落下防止ゴムがついた商品であれば、リーズナブルで、形状はバタフライウォレットと同じに見えるので、これを購入しようか少し迷いました。

が、お会計のたびにゴムを外し、会計が終わるとまたゴムをかける という行為がめんどくさそうと思ったので購入は却下。

 

このあと、なかなかいいアイテムを見つけられなかったので、しかたなく、登山用に使っていたモンベルのスリムワレットを使用していました。

この財布は、軽くてスリムでミニマムスタイルにぴったりなのですが、デザインにしっくりこない。手にとったときに、テンションは上がらないどころか、なんか手に取ってちょっとがっかり感がある。(モンベルさん ごめんなさい)

モンベル製品は、軽い・丈夫・シンプルなデザインが多くて、値段もお手頃価格なので大好きなのですが、財布はデザインがダメだなー と思い込んでいました。

が、、何かのきっかけで、トレールワレットの存在を知り、私が欲しかったのはこれだー!!!と一気にテンション上がりました。さすが、日本が誇る登山メーカー モンベル!!

モンベルの通販サイトの財布ページは何度も見ていたし、店舗の財布コーナーもよく見ていたのに、、 トレールワレットがあまりにもシンプルで目立たないために気づけていませんでしたw

トレールワレットの魅力

このモンベルトレールワレット、重さは約15gと軽く、カードとお札と小銭を収納できるように工夫されています。

  • 見た目のデザインは、シンプルで持っていて心地いい
  • カード収納は、折りたたんだ状態だと落下する心配がないデザイン
  • 万が一現金を使うことになったときには、小銭を収納できる最低限の小銭スペース
  • 一般的なナイロン素材に比べ、約3.6倍の引き裂き強度を達成した、高強度素材
  • パスモを入れたまま、改札タッチできたので、パスモケースも不要となる

今の時点で、これ以上にミニマムで使い勝手がよい財布は他に見当たりません!そして、1900円ほどと、リーズナブルな価格がまた嬉しい!今まで財布には何万円もかけていたのに、一気にゼロ1つ少なくなりました。

モンベル トレールワレット ミニマリズム



ミニマムライフが快適すぎる

財布を断捨離したあと、あまりにも心地よいので、毎日持ち歩いているすべての持ち物を見直し、さらに化粧ポーチを断捨離しました。

よくよく考えてみたら、化粧直しはリップの塗りなおししかしてないことに気づきましてwコンパクトミラーとリップだけ、バッグに直でいれればいいじゃない と!

昔と比べると、化粧品の性能が上がったのか、自分がズボラになってしまっただけなのかはわかりませんが、ファンデーションの塗りなおしなんて一切しなくなったし、マツエクをしているので、ビューラーやマスカラも使わなく、お直しのために持ち歩く必要もなくなり、便利な世の中になったなー としみじみ思います。

化粧ポーチ、財布を断捨離したあと、毎日持ち歩いているアイテムはたったのこれだけに!

  • トレールワレット(クレジットカード2枚、パスモ、保険証、図書館カード、お札)
  • コンパクトミラー
  • リップ
  • ポケットティッシュ
  • イヤホン
  • iphone
  • 家の鍵
  • 社員証

モンベル トレールワレット ミニマリズム

登山に行くときはいつも、街用の分厚い財布から登山用の財布へ中身を入れ替えていたのですが、これからは、そんな面倒な手間も省くことができるようになりました♪中身を入れ替えるという時間も節約でき、時間もミニマムにw

まとめ

地域によっては、まだキャッシュレスライフをおくれないところがあるかと思いますが、もし、すでに現金を使うことがない生活になっているなら、モンベルのトレールワレットはイチオシです!

私は、毎日手ぶらがあまりにも快適すぎて驚きだったので、自宅にある物も、先日、断捨離祭を行いました。

断捨離を行ったあとに気づいたのは、これまでどれだけ物の手錠にがんじがらめになっていたんだろう!ということ。

物は自分を豊かにしたり、便利な生活を送るためのツールのはずが、物に自分は支配されていたんだ!と気づきました。


-->
人気カテゴリー

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です