北海道札幌市に1ヶ月お試し移住・ワーケーション!【費用・宿泊・感想など】

投稿日:  更新日:


北海道札幌市 お試し移住 ノマド

2020年7月は北海道札幌市でワーケーション、ノマド生活を送りました。

カラッと晴れの日が多く、エアコンいらずの涼しさ!

とっても過ごしやすくて、家の中に座ってるだけで幸せを感じていた1ヶ月でした。

そんな札幌市で暮らした感想やかかった費用、1ヶ月だけという短期で借りた住まいについて、ノマドワーク事情、また、札幌の素敵なところをご紹介したいと思います。

1ヶ月の滞在でかかった費用

宿泊費
64,000円(Wifi・光熱費込)
食費
50,000円(自炊・外食)
雑費・経費
8,000円
合計
122,000円

私が持っている荷物はバックパック1つに収まる分だけなので、引越費用はゼロ円、自分が移動するための交通費のみです。借りたお部屋はエアビーで借りたので、マンスリーマンションにあるような敷金・礼金のような初期費用もゼロ円です。

雑費は、スマホ代(格安SIM1443円)や仕事で使うAdobeソフトの月額費用、iTunesの月額費用、日用雑貨、電車・バス・シェアサイクル代などです。

こうして振り返ってみると、生きるための超最低限のお金しか使いませんでした。

涼しくてカラッとしてる気候が心地よく、ただ部屋に座ってるだけで幸せだったということと、毎日が非日常で旅行気分だったので、娯楽費も不要でした。

心地いいところに住む=自動的に節約

となることを学びました。

日用消耗雑貨も、宿泊したお部屋に用意されていたので、ほとんど買わずに済みました。

楽天では少し買物しましたし、アマゾンで映画や本を購入しましたが、全てポイントで購入できたのでお金は使ってません。

日常の支払いを全て楽天カード&楽天Edyで支払いすると、ポイントがかなり貯まるのでオススメです

関連記事:【無料】キャッシュレス生活ができるクレジットカード

ほぼ引きこもり生活のため、毎日すっぴんで美容費もゼロ(笑)洋服も買ってません。

食事は、外食と自炊が半々くらい。

外食は主に大戸屋に通ってました。大戸屋大好きです。(どうかセントラルキッチンになりませんように)札幌には3軒もありました!

宿泊したお部屋のご紹介

今回初めて、Airbnbを使って1ヶ月間お部屋を借りました。

最初は家具付のマンスリーマンションを借りようと思っていたのですが、初期費用がかかるので1ヶ月だけの滞在だと割高だったことと、住み始めるまでの手続きが面倒ということで却下。また、家具・家電は用意されていても日用品までは用意されていないというのもマイナスポイント。

Airbnbの場合、初期費用は不要、スマホで予約しただけですぐに入居ができ、家具・家電はもちろん、生活に必要なあらゆる日用品まで用意されていて、Wifiもすぐに使えるように準備されているので、まるでホテルのように便利でした。

お部屋は綺麗な鉄筋マンションの1室。

入居当日はメールで送られてきた暗証番号を使って入室。誰にも会わずに入室できて感動しました!

わからないことはスマホからメッセージを送ると、毎回即レス!

Airbnb 札幌 マンション エアビー

Airbnb 札幌 マンション エアビー

お部屋はワンルームですがとても広く、15畳くらいでしょうか。こんなに広いお部屋を1人で使えるなんて、たぶん人生初かも(笑)

キッチンももちろんついていて、半年ぶりに自炊しました。

角部屋だったので、窓を両方開けていると風通りが良くとっても心地よかったです。

先月は窓を開けられない部屋で暮らした反動か、ここでは一日中窓を開けて、風の心地よさを噛み締めて暮らしてました。

家具・家電の他に、生活に必要な細かいものまで全て用意されていて、これを使うたびに、マンスリーじゃなくてエアビーで借りて良かったなあと思ってました。

Airbnb 札幌 マンション エアビー

場所は札幌の中心地ですが、静かなところで日もたっぷり入り、住みやすいところだと思いました。

退去するときも、部屋にあるタッチパネルでチェックアウトボタンを押して部屋を出るだけ。最終日は賃貸マンションを解約する時のように、オーナーと部屋をチェックするのかなあと思っていたので拍子抜け。結局、誰にも会わずに入居して退去しました!

Airbnbの初回利用が5,250円割引になるクーポンはこちら

札幌市のノマドワーク事情

札幌 円山 スターバックス カフェ ノマド

ノマドといえばカフェで仕事をしているイメージがありましたが、私はカフェで仕事をするのが苦手でずっと家で仕事してました。

カフェだと、トイレに行く時にPCが盗まれないか心配でトイレを我慢してしまうし、

混んでて快適な場所に座れないことがほとんどだし、

電源ありの場所を確保できた経験がない、

という理由です。

でも、1度だけカフェで仕事してみました!

円山公園横にとっても雰囲気の良さそうなスタバを発見したので。

コーヒー買ってさっそく店内へ行くと、予想通り作業しやすそうな席は満席で、作業しずらい席で我慢して作業開始。もちろん電源はなし。

作業開始後20分くらいで、エアコンの寒さに震えはじめる・・・・

上着を着ても頭のてっぺんから冷えるほどの寒さ。

長居は辞めてくださいとのお店からのメッセージと受けとれます^^;

ということで、1時間くらいで退散。

他のカフェはどうなのかわかりませんが、外から覗いた限りは、ゆったりと作業できそうなカフェは見当たりませんでした。

緊急時や、1時間くらいちょっとだけ作業する程度で、がっつり仕事をするならコワーキングスペースを借りた方が良さそうです。

ただ、価格を考えると、作業しやすいお部屋に住むのが一番だと思いました。

札幌市の素敵なところ

コンパクトシティ

札幌に1ヶ月滞在して感じたことは、コンパクトシティだということ。

歩いて市の中心地まで行けるし、自転車で15分くらい走ると、往復1時間程度のトレーニングできる山があります。

緑たっぷりの公園が沢山あり、お花が綺麗に植えられていて散歩が楽しい。

北海道 札幌 公園 ノマド

北海道 札幌 公園 ノマド

歩道が広い

北海道 札幌 歩道

計画都市なので、街は碁盤の目になっていてわかりやすく、歩道はとても広くて自転車での移動が快適です。

シェアサイクルがある

北海道 札幌 シェアサイクル

月額2200円で借りられるシェアサイクルはとっても便利!

スマホアプリをダウンロードして、クレジットカードを登録すればすぐに借りられるという手軽さ。

私は移動はほぼ全てこのシェアサイクルを利用し、電車・バスはほぼ乗りませんでした。

歩道がとても広いので、自転車に乗るのは心地よかったです。

札幌のシェアサイクル→ポロクルのサイトはこちら

市内にトレーニング山がある

札幌 登山

市内に往復1時間程度で登れる山がいくつかあり、ジムに通わなくてもトレーニングできるのがまた魅力!

狭いジムでのランニングマシーンはつまらないけど、山はリフレッシュしながらトレーニングできるので最高です!

道は小さな子供でも歩けるほどしっかり整備されているので、トレーニングに集中できます。

私が住んでたお部屋から登山口までは自転車で15分くらい。

仕事の合間に、ふらっとジム代わりにトレーニングに通えました。

東京に住んでた頃は、往復1時間程度の山へ行くにも、片道3時間以上混んでる電車を乗り継いで行く必要があったので、もうこれは本当に嬉しかったです。

お昼ご飯を食べ終わってから、今日は天気がいいからちょっと山登りしようかなあ というノリで行けてしまうんですから!

円山がオススメ

私はよく、円山公園内にある円山に登ってました。頂上からは札幌市街が見渡せて達成感を感じることができてオススメです!

北海道 札幌 円山登山

キャッシュレス生活可能

スーパー、コンビニ、ドラッグストア、電車、レストラン、ほとんどの支払い場面はキャッシュレス決済ができました。唯一現金を使ったのは、近所の100円ショップだけでした。

電車は東京で使ってたパスモがそのまま使えたのが嬉しかったです。

もちろん、キャッシュレスは全て楽天カード&楽天Edyです。ポイントがかなり貯まるのでオススメ!

私は、宿泊費・食費・日用品・雑費、全ての支払いを楽天カードor楽天Edyで支払ってるので、ポイントがかなり貯まります♪楽天市場で何か買おうとする時は、たいていポイントだけで購入できています。

関連記事:【無料】キャッシュレス生活ができるクレジットカード

札幌市に住むならここがおすすめ

札幌市全体をくまなく回った訳ではないので、他にもいい場所は沢山あると思うのですが、私が滞在していいなあと思った場所は「中央区 丸山地区」です。

丸山公園の周辺になりますが、札幌中心地まで自転車で20分くらいで行けるのに、大きな公園と簡単な登山ができる丸山があり、自然と都会がちょうどいいと思いました。

また、住宅地は綺麗なマンションや一軒家が多く、建物と建物の間隔は程よく開いているので都会によくある窮屈な感じもなく、住み心地は良さそうと思いました。

円山公園駅前には綺麗なショッピングセンターもあり、日用品の買物にも不便ありません。

札幌市内では家賃相場は少し高めになりますが、毎朝丸山に登ってトレーニングできたり、大きな公園を散歩してリフレッシュしてから仕事をはじめる毎日が送れるのは、少し高めの家賃を払っても住んでみたいなあと思いました。

札幌観光

観光して良かったところをご紹介します。

北海道大学

北海道大学

借りてたお部屋からシェアサイクルに乗って30分ほど。

広々としていて緑あふれるキャンパスで、ヨーロッパみたいな雰囲気で素敵なところでした。(ヨーロッパに行ったことないですが・・・)キャンパスを出た瞬間、現実に引きもどされた感が大きかったです。

北海道大学

北海道大学

幌見峠のラベンダー園

北海道 札幌 幌見峠 ラベンダー園

北海道 札幌 幌見峠 ラベンダー園

地下鉄円山公園駅までシェアサイクルで行って、そこからバスに乗って20分+徒歩20分でたどり着けます。

地元の人はほとんど車で行くようで、バスは空いてました。

ラベンダー畑は富良野だけかと思っていたので、思いがけず札幌で楽しむことができて嬉しかったです。

そして、札幌市街とラベンダーのセットというのがまた素敵でした!

銭函ビーチ

北海道 札幌 銭函ビーチ

札幌駅から電車で30分ほどのJR銭函駅から徒歩5分くらいのところに、海水浴ができるビーチがあります!

海を眺めながら海鮮丼をいただけるレストランも♪

北海道 札幌 銭函 海鮮丼

まとめ

7月の札幌はカラッと晴れて涼しい気候のため、とにかく過ごしやすく、ただ居るだけで幸せでした!

街は広くて綺麗、公園も沢山あって自然とのふれあいも毎日できるところも素敵です。

Airbnbで借りれるお部屋も沢山あるので、気軽にお試し移住ができて過ごしやすい街だと思いました。

冬は雪があるので大変だと思いますが、7月の札幌はとても良かったのでオススメです。

初期費用不要で気軽にお部屋を借りられる!Airbnbの5,250円割引クーポンはこちら