登山靴の寿命は?10年愛用した登山靴をご紹介

投稿日:  更新日:


登山靴 lowa 10年

 

(子汚い登山靴の写真で失礼いたします。)

登山靴は決して安い買い物ではないので、一度買ったらなるべく長く使いたいもの。

でも、寿命がだいたい3〜4年というのが一般的。使っていなくても経年劣化するのでこの年数です。

ですが、私はなんと、初めて買った登山靴を、10年たった今も、いまだに愛用しています。

自分でも驚いていますが、お手入れすると持つものだなあと思いました。

本記事では、私のこの10年愛用した登山靴とそのお手入れのご紹介と、友人たちの登山靴を見ていて気づいた登山靴を購入するときの注意点をご紹介したいと思います。

寿命が長い登山靴と短い登山靴がある

まずはじめに、登山靴は沢山の種類があって選ぶのが大変すぎるほどですが、

寿命という観点から見ると、長く使えるものと短命のものと大きく2種類に分けられるかと思います。

長く使えるものは、ソールの交換修理が可能な登山靴です。

登山靴は、劣化してくるとソールが剥がれて使えなくなり、そして廃棄となるのですが、この、ソールが剥がれてしまう前に、交換修理をすると、寿命が伸びます。

一般的に、ソールの交換修理が可能な登山靴は値段が高く、3万円台くらいから。

ソールの交換修理ができない登山靴は値段が安くて1.5万円くらいからあります。

ソール交換の費用は1.5万円以上かかりますので、費用対効果を考えると、どちらがいいかはその人次第かなと思います。

ただ、テント泊登山など重たい荷物を背負って歩く場合には、作りがしっかりしているソール交換可能な登山靴がおすすめです。足腰への負担がかなり違ってきます。

登山靴長く愛用するためのコツ

ソール交換をする

登山靴を長く愛用するコツは、まずは、ソール交換が可能な登山靴を購入することが前提になります。

購入してから3年以上経過したら、じっくり登山靴を観察して、そろそろマズイと感じてきた頃にソール交換に出します。

私は、5年たったくらいにソール交換しました。

ちなみに、私の登山頻度ですが、登山を始めてから5年目くらいまでは、ほぼほぼ毎週末どこかの山へ出かけていまして、雨でも登っていましたし、軽い沢の渡渉は登山靴履いたままジャブジャブ歩いていましたので、かなり酷使していた方だと思います。

汚れは都度落とす

登山から帰ってきたら、ざっと水で泥汚れを落として、乾かします。

あまり汚れなかったら、私はそのまま放置してましたw

トップの写真の通り、かなりのズボラです。

土汚れは、長期間放置しておくと劣化加速の原因となるようなので、マメに落としておくと良いかと思います。

中敷の交換

10年も使うと、中敷はもうペラッペラで汚なすぎて、目を背けたくなるほど。

そして、登山靴の革が伸びきっていて、サイズが少し大きくなっています。

サイズが大きくなると問題になるのは、靴の中で足が動いてしまうこと。

登りではほぼ気になりませんが、下山はつま先に負担がかかるので、かなり辛くなります。

そこで、登山靴をキツく縛るという対策と共に、中敷を新品なものと交換するというのも有効です。

5000円以上する高級品が沢山販売されていますが、サイズ調整目的であれば、1000円台のものでも充分な効果を感じました。

さらに、クッション性も増すので、格段に歩きやすくなりました。

(どこまで中敷を酷使していたんだ という話ですが・・・)

買い換えた中敷は、モンベルの一番安いやつです。周りに高級品が並んでいましたが、私はこの一番安い中敷で格段に快適になりました。

登山靴 中敷

ギリギリまで使い倒す精神

登山中にソールが剥がれてしまったら事故や遭難へのリスクが高くなってしまうので、ある程度使ったら買い換えるのが鉄則ではありますが、

そして、私もそう思っていましたが、

ネパールのトレッキングで、現地のネパール人が履いている登山靴を見て、

よっぽど危険なルートでない限りは、ギリギリまで使ってもいいんじゃないかと思うようになりました。

ネパール人に限らず、欧米人トレッカーも、ソールが剥がれたらガムテープや紐などでグルグル巻きにして、元気に歩いていた姿が忘れられません。

現在、私は危険なルートには行きませんので、ザックには常に接着剤とガムテープは忍ばせていますが、ボロボロな登山靴をいまだに履き続けています。

この考え方は、登山の教科書から外れていますし、安全面では決して良くない考え方になりますので、こういった考え方もあるんだなくらいに読み流していただけたらと思います。

もし、危険が伴うルートへ行く場合は、潔く新品の登山靴を買います。

登山ショップで寿命を見てもらう

私の10年愛用した登山靴ですが、中敷の交換のために、サイズ確認で靴を登山ショップへ持ち込みました。

そして、ちゃっかり店員さんに、そろそろ買い換えた方がいいかどうかアドバイスをもらってきました。

店員さん曰く、まだまだ大丈夫ですよ とのこと。

もちろん、鵜呑みはしていませんが、自分よりもはるかに知識のある方のご意見、かなり参考になりました。



登山靴を購入する時の注意点

中古品は経年劣化に注意

フリマアプリのメルカリを見ると、中古だけどほぼ新品な登山靴がけっこう販売されています。

そして、値段は3000円ほどからあり、かなり魅力的にみえます。

きっと、初めての登山用に登山靴を買ったけど、一度行って懲りてしまった方が販売しているのかなと想像します。

先日、登山が初めてという職場の方と一緒に登山へ出かけたのですが、

その方はメルカリで登山靴を購入していて、見た目は新品で2000円ほどで購入できたとのことでした。

確かに、見た目はピカピカ!新品に見えました。

しかし・・・・

下山中にソールが見事に剥がれてしまいました。

ちょっと剥がれるのではなく、全部一気に綺麗に剥がれました。

私は接着剤を持っていたので、一時凌ぎに接着しましたが、完璧に接着することはなく、しょっちゅう剥がれては接着剤をつけるの繰り返し。

最後は面倒になって、ソールなしで下山です。

ソール接着のための接着剤が残っていたためか、意外に滑ることもなく、普通に下山されていました。

また、とても整備されている危険箇所ゼロの登山道だったのも幸いでした。

この時は無事に下山できてよかったですが、中古の登山靴を購入される場合は、必ず購入時期の確認をお忘れなく!

使用回数1回で新品に見えても、購入から3年以上たっているものは、経年劣化でソールが剥がれる危険があるので注意が必要です。

レンタルの場合のサイズ感

初めての登山では、最近はレンタルも充実していますので、購入せずにレンタル という場合も多いかと思います。

ただ、サイズ感は履いてみないとわからないので、できれば、レンタルできる登山靴を実際のショップで試し履きをされることをおすすめします。

靴は少しでも足に合わないと、靴づれで足が痛くて登山を楽しめないのはもちろん、最悪の場合、足が痛すぎて下山できないリスクも考えられます。

登山靴は、厚手の靴下を履くものなので、街用の靴のサイズとは結構違ってきます。

なので、サイズ表だけでは決して判断できないのでくれぐれもご注意ください。

私の職場の友人は、初めての登山の時に通販レンタルを利用したのですが、レンタルする前に、念の為ショップで試着してみたら、サイズが全然違ったと驚いていました。試着してなかったら、登山できなかったー と言っていました。

おすすめ登山靴レンタルショップ

ショップ店員の言葉を鵜呑みにしない

初めての登山靴の購入は、勝手がわからなく、ショップ店員さんのオススメ通りに買ってしまうと思いますが、

ちょっとでも試し履きして違和感があれば、購入せずに他の靴を検討した方がいいと思います。

登山道具で一番重要なのは登山靴! 

ここに違和感があれば、登山を楽しめません。

私は幸いにも、登山靴のトラブルは一度もなく、靴づれも一度もありません。

友人の話ですが、ショップ店員に勧められるがママに買った登山靴が、なんと、足にあっていなく、登山のたびに足が痛くなって大変そうでした。

最後に一緒に行った時は、20分に一度くらいで靴紐を結び直していて、

かなり複雑な靴紐の結び方をしていたのですが、ショップ店員に教わったとのこと・・・

その靴紐の結び方をマスターすれば足の痛みは軽減されると言われたそうです。

見ていて、かなり複雑で、私の脳みそでは理解できませんでした。

なんか、、怪しい宗教のようにさえ感じました・・・。

登山靴は決して安くはないですし、そして、登山で一番重要なアイテムとなるので、納得いくまで試着して試着して試着しまくるべきだと思います。



まとめ

登山で一番重要なアイテム、登山靴。

初めて買った時は、3万円以上もしたので、これは一生物だ!と思いながら購入したことを思い出します。

購入して数年たった後に、登山靴の寿命は3〜4年と知って落胆したことも思い出しますw

でも、ソールの交換で長持ちしたのはラッキーでした。

登山靴を購入した時は、全く登山の知識がない状態だったのですが、登山のベテランさんに一緒にお店についていってもらい、店員さんのアドバイスはほとんどなしに、その人の見立てで購入しました。

サイズ感の確認も、その登山ベテランさんに見てもらいました。

結果、一度も靴づれを起こすことなく、10年以上も愛用できていて、とても感謝しています。

そして、10年も愛用すると、かなりの愛着が湧いていて、買い換えしたくなくなります。でも、あと1〜2年で買い換えなければとは思いますが。

きっと同じメーカーの同じタイプの靴を買います。

また10年使えたらいいなと。

長々と書きましたが、少しでも登山靴を購入する際の参考になりましたら幸いです。

決して安い買い物ではないですし、登山の楽しさを左右するアイテムなので、くれぐれも慎重に検討してみてください。